業務案内

ソニーグリーンパートナー認定工場

古賀電子は基板実装の分野で環境保全に配慮した製品作りに努めています。

現在の電子電機業界は、EU(ヨーロッパ)にて法律化されている特定の有害物質の使用について制限する「RoHS(ローズ)指令:2011/7/21~2013/1/2、改正RoHS指令(RoHSⅡ[ツー](通称)):2013/1/3~」に加えて、全ての化学物質を対象とする「REACH(リーチ)規制:2007/6/1~」を基準に環境管理されており、大手電機メーカーはこれらの法律を基に、更に独自の基準を設けています。ソニー株式会社殿においても独自の環境管理基準(ソニーグリーン調達基準「SS-00259」)を設け、この基準に適合し認定された企業が「ソニーグリーンパートナー」です。

当社は2003年にソニー株式会社殿よりソニー株式会社グリーンパートナーの認定を頂き、現在も継続して取り組んでいます。
ソニー株式会社グリーンパートナーとは

ソニーグリーンパートナー認定書

ソニーグリーンパートナー認定書
ソニーグリーンパートナー認定書

RoHS指令にも取り組んでいます。

2003年にEU(欧州連合)で発足されました、RoHS指令につきましても、万全の管理を行っています。

RoHS指令(ローズ)とは、EUで規制された法令で、電子・電気機器における特定有害物質の使用制限が設けられています。現在、以下の物質が制限されています。

 

1.鉛 :1,000ppm以下

2.水銀 :1,000ppm以下

3.カドミウム :100ppm以下

4.六価クロム :1,000ppm以下

5.ポリ臭化ビフェニル (PBB) :1,000ppm以下

6.ポリ臭化ジフェニルエーテル (PBDE) :1,000ppm以下

 
RoHS指令対応の基板実装につきましては、古賀電子へお任せください。

 

本件に関するご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ソニーグリーンパートナーの事やRoHS実装についてお気軽にお問い合わせ下さい。