業務案内

半田付けの手順を教えて下さい(半田ゴテ)

お客様から頂いたお問い合わせで、基板実装に関する質問を頂いたのでご紹介します。

 

【質問】 

半田ゴテを使用した半田付けの手順を教えて下さい。

 

【回答】

半田ゴテを使用した半田付けの手順は以下となります。

 

  1. 半田ゴテ(コテ先)を当てて母材※を温めます。
    ※母材…半田付けを行う対象物で、主に基板のランド(PAD)と電子部品の電極を指す。

  2. 半田ゴテを持ってない方の手で糸半田を供給します。

  3. 糸半田を離します。

  4. 半田が母材になじむのを確認したら半田ゴテを離します。
    (半田ゴテを離した直後は、熱によりまだ半田が固まっていません。この状態で触ってしまうと半田付け不良や火傷の原因になるので、少し待ってから触るようにして下さい。)


目安として、手順1は1~2秒、手順2と3で1秒、手順4は1~2秒といった感じでは無いでしょうか。
(あくまで目安です。半田付けを行う対象物によって条件は異なります。

 

 【基板実装屋(半田付け屋)からのアドバイス】

適正な半田付けを行うには、半田ゴテのコテ先の温度を 360℃ にする必要があります。

 

上手な半田付けのコツ」に書いてあるように、上手な半田付けを行うには、それなりの道具選びから必要です。

 

ホームセンターなどで購入された温度調整機能が付いていない半田ゴテなどを使うと、コテ先の温度が分かりませんので適正な半田付けを行うことが難しいです。

(職人並に慣れた方だと半田ゴテで糸半田を溶かした際の煙(ヒューム)の出方でおおよその温度が分かりますが、一般の方だと難しいと思います)

 

半田付けに必要な道具半田ゴテの選び方上手な半田付けのコツなど半田付けに関する情報が古賀電子ホームページ内に掲載しておりますのでご一読頂けたらと思います。

 


ソニーグリーンパートナーの事やRoHS実装についてお気軽にお問い合わせ下さい。